脳梗塞や心筋梗塞・動脈硬化・血栓症・メタボリックシンドローム・肥満・血液サラサラなどに関する情報サイト

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

ドロドロ血液が起こす目に見えない身体の悲鳴に気がついていますか?


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

何故、コレステロールは悪者扱いにされるの!?

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム コレステロールはやっぱり問題・・・??

実は、コレステロールは人間の体を維持するために、非常に必要なもので、また、リポタンパクという粒子コレステロールこのコレステロールを血液にのせて運ぶ働きをしています。


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム でも、何故、コレステロールは悪者扱いされるのでしょうか??


   ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

コレステロールは健康なからだに必要なものなのです・・・が。

コレステロールは血液の中に含まれている脂肪の一種で他の物質と一緒になって、血管に弾力を与えて丈夫にする働きがあります。 コレステロールが減少すると、ホルモンの合成がうまくいかなかったり、細菌に対する抵抗力が弱まったりします。

コレステロールは健康なからだを維持するために不可欠なものですが、多くとり過ぎると・・・。

   ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

必要な分だけコレステロールが作られ、必要な分だけ体に行き渡り余ってしまったコレステロールを回収してくれるHDLによって余ってしまったコレステロールをすべて回収されてしまえば何の問題もないのですが・・・・。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 余ってしまったコレステロールをHDLが全て回収できないと???

   ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム このコレステロールが原因で、【動脈硬化】を引き起こしてしまうのです(>_<)

悪玉コレステロール(LDL)は、変質してしまい、【 動脈壁 】に付着していきます。


   ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム どうして悪玉コレステロールを変質させてしまうの??

その原因が、よく耳にするようになった【活性酸素】です。


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 【活性酸素】とは?

   ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

私たちは、呼吸により酸素を体内に取り入れています。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム この酸素の一部が、酸化力の強い物質になることがあり変化して【活性酸素】になってしまいます。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 【活性酸素】は、他の物質と結びつくと酸化し、過酸化の状態へ変身します。

また、【活性酸素】は、脂質や悪玉コレステロール(LDL)と結びつきやすい特徴まで持っているのです(>_<)




脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 【活性酸素】が悪玉コレステロールと結びつくと・・??


   ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼


過酸化LDLに変質してしまい過酸化LDLとなったリポタンパクが、本当の悪玉になってしまうのです。

【活性酸素】+【悪玉コレステロール(LDL)】=> 過酸化LDL(本当の悪玉に大変身!!)

   ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム【活性酸素】は、『がん』などの病気を引き起こしたり、『老化を促す』などで注目されていますが、この悪玉コレステロール(LDL)を変質させてしまうのも、この【活性酸素】のしわざなのです。


コレステロールは血液中のタンパク質と結合してリポタンパクという物質を作ります。このリポタンパクには血管の壁に染み込みやすい性質があります。そのためコレステロールをとり過ぎると血管の壁に沈着するようになります。やがて血管の内側は狭くなり血液の流れにくい状態になります。

これが【動脈硬化】です!!

【動脈硬化】が進むと血管の弾力が失われ、そのため血圧の上昇で血管が破れたり、【血栓】が生じたりします。




過酸化LDLが動脈壁に固まりを作ってしまう!
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

動脈壁から悪玉コレステロール(LDL)が血管の内膜へ入りこみ酸化してしまうと、過酸化LDLになります。

白血球の中でも大型の【マクロファージ】という細胞が、この過酸化LDLを食べようと働きはじめてくれるのですが・・・。

この過酸化LDLを取り込んだ【マクロファージ】は、泡状の泡沫細胞へと変化してしまいます。

   ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

【マクロファージ】は、過酸化LDLを取り込みすぎると、この泡沫細胞は、死んでしまいます。

   ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

死んでしまった細胞からは、ドロドロになった過酸化LDLが流れ出し、これが動脈壁に固まりを作ってしまい、血管を狭くしてしまいます。

   ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム これにより、血液の流れが悪くなってしまうのです(>_<)

このような動脈硬化を粥状硬化(アテローム硬化)と呼ばれています。


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム よってコレステロールの過剰増加が体調のバランスを崩してしまうことにつながってしまうのです。

動脈壁が狭くなってしまいますと血栓により血管が詰まりやすくなってしまいます(>_<)

動脈壁が狭くなってしまう前に日々の予防が大切です。

また、悪玉の過酸化LDLを食べてくれる【マクロファージ】を【有機ゲルマニウム】が、活性化してくれ免疫システムを若返らせてくれるといわれています。


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム また、日本人のコレステロールの正常値は220mg/dl以下と言われています。しかし、150mg/dl以下では栄養不足になり肝臓に障害が出てしまいます。

血液のコレステロールは3分の1は摂取し、3分の2は肝臓で合成されます。コレステロールの値が高くなるのは、食事による影響が大きいといわれています。

鶏卵・バター・チーズ・レバー・魚の卵・イカ・エビなどがコレステロールを多く含んだ食品の一例です

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 日常の食事でコレステロールのとりすぎには気をつけましょう!!



善玉コレステロールと悪玉コレステロール??
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 善玉コレステロール悪玉コレステロールって聞いたことがあるかと思いますが、実は、これらは、コレステロールの種類ではないのです(^-^)
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム さきほど述べたリポタンパクの働きの違いをこのように呼んでいるのだけなのです。

悪玉コレステロールが、LDLと呼ばれているのですが、このLDL は、リポタンパクがコレステロールを運んでいて、LDLそのものが悪玉というわけではないのです。

しかしながら、運べずに余ってしまったLDLはどうなるかといいますと・・・

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 血液中のとどまってしまい、血液内壁に入り込んでしまいます。


↓↓↓↓↓↓↓↓


これにより・・・・・・・(>_<)


入り込んでしまったLDL(悪玉コレステロール)が、そのうち酸化してしまうことで、【動脈硬化】を引き起こしてしまうことになってしまうのです(>_<)

↓↓↓↓↓↓↓↓

このことにより、コレステロールが原因で【動脈硬化】になってしまいます。

是非、日々の食生活と運動、予防などを心がけましょう!


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム (コレステロールについて他の記事はこちら)



血液サラサラはこんな状態! 梗塞ドットコム/心筋梗塞/血栓症/血液サラサラ/血液サラサラはこんな状態! 血液ドロドロになると!
血液ドロドロになると! 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム/はこんな状態!
血液サラサラの場合は、ひとつひとつがきれいな真ん丸な状態になり、しかも丸いフチ部分もギザキザでなくきれいな丸になります。全体的に光が通りやすいため画像の色あいも薄い感じになります。
血液ドロドロの場合は、真ん丸だった状態がだんだん連結してしまいます。ひとつひとつがつぶされたようにペッチャンコになっていきドロドロ化していくことで血流を阻害していきます。全体的に光が通りにくくなるため画像の色あいも濃い感じになります。


納豆菌 ナットウキナーゼ
納豆菌(ナットウキナーゼ)と有機ゲルマニウム配合で良さが際立つナットウキナーゼDX

観葉植物
新築祝・引越祝などの御祝時のギフトに観葉植物はいかがですか?

 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム TOPページへ ページの最上部へ
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。