脳梗塞や心筋梗塞・動脈硬化・血栓症・メタボリックシンドローム・肥満・血液サラサラなどに関する情報サイト

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

ドロドロ血液が起こす目に見えない身体の悲鳴に気がついていますか?


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

血圧を下げるための生活習慣&簡単なコツって??

血圧が高め

健康診断で「血圧が高い」といわれて、病院に行ってもすぐに薬が出されるわけではないようです。

薬は血圧をコントロールするため に服用するもので、「高血圧」そのものを治してくれるわけではないからです。まずは生活習慣の改善の指導が行われます。高血圧治療治療の基本は生活習慣の改善なのです。

   
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム (1)朝の光をたっぷり浴びよう!!

中高年になると、睡眠のさまざまな悩みを訴える人が増えてきます。脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
それは、体内時計が調節できなくなってきたことと関係しています。
体内時計が乱れると、体にさまざまな不調があらわれます。
「高血圧」もそのひとつです。

血圧は一般に昼間高く、夜は下がるものです。しかし、体内時計が乱れると血圧も乱れ、睡眠中も血圧が下がらなくなります。

体内時計をととのえるのに最も効果があるとされるのは「光」です。
メラトニンというホルモンも体内時計をととのえてくれます。メラトニンは睡眠を促す働きを持っていて、夜は分泌が盛んになり、昼 は減少します。その分泌量を切り替えるスイッチの役割を果たすのが、また「光」なのです。

     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

睡眠中に血圧を下げるためには、夜は照明を暗くしてメラトニンの分泌を促しましょう!朝は光をたっぷり浴びて、体を目覚めさせましょう!


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム (2)布団の中で伸びをすることからはじめよう!!


「高血圧」高脂血症(血中のコレステロールや中性脂肪が多い) と一緒に起こりがちです。

高脂血症対策は「高血圧」対策にもなります。

血中の脂質を減らすには、食生活を改善するほかに、適度な運動が欠かせません。しかし、起き抜けの急激な運動は血圧上昇のもとです。中高年になると、体力も筋力も低下し、コレステロールや中性脂肪が多いとなれば、血圧の急上昇から心筋梗塞や脳梗塞になるおそれもあります。

     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「運動療法」といって必ずしも時間をさいてスポーツをすることはないのです。布団の中で思い切り伸びをしたり、腕を上げ下げしながら深呼吸する。これだけでも、毎日続ければりっぱな運動療法です!!



脳梗塞や心筋梗塞ドットコム (3)ゆっくり深呼吸しよう!!

そもそも呼吸と血圧には深い関係があります。緊張すると脈は速くなり、血圧も上がり、呼吸も速くなります。
血圧をコントロールしている脳の交感神経の血圧中枢は、呼吸をつかさどる呼吸中枢と近い位置にあります。そのため、深呼吸することで呼吸中枢の緊張がやわらぐと、交換神経の血圧中枢の緊張も緩和され血圧が下がっていくのです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

高血圧対策として朝起きる前と、夜眠りにつく前に5分間、布団の上で深呼吸してみてはいかがですか?複式呼吸を心がけてください。
朝と夜は、体の休息と活動の境目で、血圧が大きく変動する魔の時間です。高血圧や、心筋梗塞、脳梗塞などの発作予防にも役立ちます。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム (4)正しい入浴方法を知っておこう!!

入浴は初めに血圧を下げ、湯の温度刺激が血管を拡張させて、血圧を下げます。もともと血圧が高い人ほど、この血圧変動が激しいため、脳梗塞や心筋梗塞などの発作を起こしやすいのです。
正しい入浴方法を知って、浴室での発作を防ぐようにしましょう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

1)脱衣所や浴室は暖めておこう。

脱衣所や浴室が寒いと、服を脱いだときに血管が収縮し、血圧が急に上がってしまいます。

2)40度のお湯に浅くつかろう。

理想は約40度の湯で、つかるのは1回5分まで。
首までつかると水圧がかかり心臓に負担になりますので、湯の高さは胸の上くらいがにしましょう。

3)食後2時間以内の入浴はさけましょう。

食事は腸管膜動脈への血流を増加させ、全身の血圧を低下させる働きがあります。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム (5)適当にサボろう!!

ストレスを慢性的に感じていると、通常の血圧そのものが上がってしまいます。
ストレスを感じると、脳の指令で副腎からアドレナリンというホルモンが分泌されます。すると、動悸が激しくなり、血管は収縮し、
血圧が上がるのです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

緊張感のある仕事が1〜2時間続いた後は、目を閉じて5〜10分居眠りをしたり、5分くらい深呼吸しましょう。

部屋に花や観葉植物を飾って癒しの空間を演出するのもよいでしょう。

どうでしたか?かなり簡単だったでしょう!!

しかし、もっと簡単に【高血圧】を改善するには・・・やはり体の内部から!

ナットウキナーゼって納豆のどこに含まれるの??
 ☆血管を丈夫にし

 ☆血液をサラサラにしましょう!

     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

血液サラサラといえば、血栓(=血のカタマリ)を溶かすことがわかっている【ナットウキナーゼ】も効果的です。

ドロドロ血液は血液中の成分変化が原因となって起こります。中性 脂肪の増えた血液は粘着力を帯び、血液が固まりやすくなり、血管の中に血栓ができてしまうのです。

     ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

生活習慣に気をつけるとともに、【ナットウキナーゼ】を摂取すれば、「血栓」の予防と、できてしまった「血栓」を溶かしてくれる という効果が期待できるのです。

「血栓」は毎日作られていますから、【ナットウキナーゼ】は継続して摂取することが大切です。

ナットウキナーゼ】を効果的に摂取するには、きちんと【ナットウキナーゼ】が含まれた健康食品などで補うと良いでしょう!



血液サラサラはこんな状態! 梗塞ドットコム/心筋梗塞/血栓症/血液サラサラ/血液サラサラはこんな状態! 血液ドロドロになると!
血液ドロドロになると! 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム/はこんな状態!
血液サラサラの場合は、ひとつひとつがきれいな真ん丸な状態になり、しかも丸いフチ部分もギザキザでなくきれいな丸になります。全体的に光が通りやすいため画像の色あいも薄い感じになります。
血液ドロドロの場合は、真ん丸だった状態がだんだん連結してしまいます。ひとつひとつがつぶされたようにペッチャンコになっていきドロドロ化していくことで血流を阻害していきます。全体的に光が通りにくくなるため画像の色あいも濃い感じになります。

納豆菌 ナットウキナーゼ


観葉植物


 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム TOPページへ ページの最上部へ
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。