脳梗塞や心筋梗塞・動脈硬化・血栓症・メタボリックシンドローム・肥満・血液サラサラなどに関する情報サイト

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

ドロドロ血液が起こす目に見えない身体の悲鳴に気がついていますか?

体内から若返るとやっぱり肌もピチピチになったりするもの??と考えたりすることもあるのですが・・・(*^-^*)

しかしながら、体内が若いというのは、なかなか実感できませんよネ!ナットウキンネットで血液サラサラ

でも! 必ず健康診断なんかすると血液を採取し、調べるほど重要で健康状態もわかっちゃうのがこの【血液】です。

血液が健康である!と考えたことがある方が、そんなにいつもは考えないかと思いますが、やはり血液は、体内を常に流れており、やはり健康診断でも血液を採取し調べるほど大切なものです。

しかしながら私たちの体の中で、どんな影響を与えているかというのは、あまり体感できないもののひとつでもあるかと思います。

ナットウキンネットで血液サラサラ
血液は、どこでつくられているかと申しますと骨の中心部の骨髄(こつずい)でつくられます。

骨髄より、赤血球、白血球、血小板という3つの血球が作られます。

この3つの細胞成分と、血漿(けっしょう)という液体成分で構成されているのが【 血液 】と呼ばれています。

血液に多く含まれているのが、赤血球、白血球、血小板という3つの血球のうち【 赤血球 】になります。

この【 赤血球 】には、【 ヘモグロビン 】という赤い血色素が多量にふくまれているために、血液が赤く見えます。


★1★

体が構成されている要素として、細胞があります。

その細胞が働ける要素になるのが、【酸素】が必要なのですが、その【酸素】を細胞に運んできてくれるのが血液中の【赤血球】なのです。

その【 赤血球 】は、その他にも、老廃物となった【二酸化炭素】を回収する役目も担っている重要な働きをしているのです。


★2★

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム血液で運ばれるのは、【酸素】や【二酸化炭素】だけではありません。

-> 実は、【細菌やウイルス】まで運んでしまいます(>_<)

この【細菌やウイルス】を体から守ってくれるのが、【白血球】の役割のひとつで、【白血球】が正常に機能することにより【感染症】をふせいでくれます。

血液がサラサラ=正常であることは病気になりにくい
ということなのです。



血液サラサラはこんな状態! 梗塞ドットコム/心筋梗塞/血栓症/血液サラサラ/血液サラサラはこんな状態! 血液ドロドロになると!
血液ドロドロになると! 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム/はこんな状態!
血液サラサラの場合は、ひとつひとつがきれいな真ん丸な状態になり、しかも丸いフチ部分もギザキザでなくきれいな丸になります。全体的に光が通りやすいため画像の色あいも薄い感じになります。
血液ドロドロの場合は、真ん丸だった状態がだんだん連結してしまいます。ひとつひとつがつぶされたようにペッチャンコになっていきドロドロ化していくことで血流を阻害していきます。全体的に光が通りにくくなるため画像の色あいも濃い感じになります。

納豆菌 ナットウキナーゼ
ネバネバパワーの納豆菌(ナットウキナーゼ)を配合しているナットウキナーゼDX


大型サイズの観葉植物
ガーデニングしてると心が落ちついて、明るい気持ちになれちゃうから好き!

 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム TOPページへ ページの最上部へ
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。