脳梗塞や心筋梗塞・動脈硬化・血栓症・メタボリックシンドローム・肥満・血液サラサラなどに関する情報サイト

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

ドロドロ血液が起こす目に見えない身体の悲鳴に気がついていますか?


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

なぜ、尿酸が増えてしまうの?
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

原因としましては

<1>体内で尿酸が作られすぎている。

<2>尿酸が排泄されにくい。

が考えられます。

<1>の場合には、尿酸の材料であるプリン体を多く含む食物を食べた場合です。

昔から、痛風はゼイタク病と言われ、美食がその原因であると言われてきました。確かに、ぜいたくな食事にはプリン体を多く含む物も多いのは事実です。しかし、食物から体に入るプリン体は実はそう多くはないのです。ですから、余り食品の種類に神経質になる必要は無いのです。

むしろ気にしなければならないのは食事の量です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

肥満 痛風体重が増え、肥満になると尿酸は増えますし、減量すると尿酸が減ってきます。ですから、肥満気味で、尿酸が高いと言われた方はまず体重を減らしていただくことが大事です。

尿酸を尿からしっかり排泄させるために、尿の量を増やす事も重要です。


1日に出来れば2リットルほどの水分をとるようしましょう。ジュース類は肥満の原因になりますので水やお茶を飲むようにしましょう。

アルコール類は尿酸を増やす原因になりますので控えたほうがよいで しょう。

      ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

「高尿酸血症」は肥満、高血圧症、高脂血症、糖尿病などと並ぶ動脈硬化の危険因子で、つまり、「高尿酸血症」はメタボリックシンドロームの要素の1つになります。


☆尿酸は、本来、活性酸素を抑える働きがある!?
======================


悪者に見られがちな尿酸にも抗酸化作用という善玉の部分である活性酸素を抑える働きがあるといわれており、高い尿酸値も自然治癒力の働きによるものなのです。

要するに、体内に活性酸素が過剰に増えると、体内の本来の自然治癒力が働き、活性酸素を抑えようとし尿酸の値も上がってしまい、逆に、過剰な活性酸素が体内から減っていけば、尿酸の値も自然と下がっていくのです。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム


血液サラサラはこんな状態! 梗塞ドットコム/心筋梗塞/血栓症/血液サラサラ/血液サラサラはこんな状態! 血液ドロドロになると!
血液ドロドロになると! 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム/はこんな状態!
血液サラサラの場合は、ひとつひとつがきれいな真ん丸な状態になり、しかも丸いフチ部分もギザキザでなくきれいな丸になります。全体的に光が通りやすいため画像の色あいも薄い感じになります。
血液ドロドロの場合は、真ん丸だった状態がだんだん連結してしまいます。ひとつひとつがつぶされたようにペッチャンコになっていきドロドロ化していくことで血流を阻害していきます。全体的に光が通りにくくなるため画像の色あいも濃い感じになります。

納豆菌 ナットウキナーゼ
毎日、3粒で♪納豆菌&ナットウキナーゼ配合のナットウキナーゼDX


観葉植物
観葉植物がお部屋やオフィスにあるだけでとっても気持がいい空間に!


 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム TOPページへ ページの最上部へ
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
-サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。