脳梗塞や心筋梗塞・動脈硬化・血栓症・メタボリックシンドローム・肥満・血液サラサラなどに関する情報サイト

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

ドロドロ血液が起こす目に見えない身体の悲鳴に気がついていますか?


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

尿酸値を下げるポイントとは?
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

尿酸値を下げるポイントとしてわかっている3つの要素があります。

1.血液サラサラ

2.食事の節制により肥満解消

3.体内の活性酸素を消去する



スーパーオキシドジスムターゼ(SOD酵素) と カタラーゼ活性は、その 活性酸素を消去してくれる極めて強力活性酸素消去系酵素(抗酸化酵素) と言われています。 納豆に多く含まれているといわれています。

(※ 抗酸化酵素 とは、尿酸値上昇の原因のひとつである活性酸素を抑えることができるとわかっている酵素のことです。 )

さらに人間の体内では作られにくい必須脂肪酸であるEPAは、痛風の合併症でもある動脈硬化や高血圧・心臓血管障害の予防などだけでなく糖尿病の予防や抗炎症作用もあると言われています。

また、抗炎症作用には、コラーゲンに親和性が高いといわれ、毛細血管の透過性の抑制と関節部などにおける尿酸貯蓄の抑制をすると考えられています。

最近では、尿酸値低下剤としてイチョウ葉エキスなども注目されています。メタボリックシンドローム 肥満

また、有機ゲルマニウムは、有害な酵素を除去してくれる『SOD』の分泌を活性化してくれることがわかっていますし、免疫調節作用』があり人体の自然治癒力を復元してくれることなどもわかっています。

これらは、痛風(尿酸値)対策には、良い食品であるといえます。


さきほどにも書きましたが、過剰に発生した活性酸素は、「過酸化脂質」に変わり、体の中で私たちの体をむしばんでいくのですが、有機ゲルマニウムには、コレステロール、脂質代謝機能、過酸化脂質防止予防や鎮痛作用があるといわれています。

【 有機ゲルマニウム 】もまた 「活性酸素」の抑制 に大変効果があることが認められているのです。


高尿酸血症・痛風においては、悪者に見られがちな尿酸にも抗酸化作用という善玉の部分もあります。

高尿酸血症・痛風の治療においては尿酸値を下げないといけないですが、あくまでも高くなってしまった尿酸値を正常値に戻すだけで、尿酸の善玉としての役割はそのまま働いてくれます。

尿酸を簡単に下げる方法はなく、残念ながらプリン体を多く含むお酒を控えたり、激しい運動をすると尿酸を作るので激しい運動を控え、ストレスを下げ、軽めな運動にしたり、肥満を改善したり、1日に出来れば2リットルほどの水分をとるようにしたりとじわじわと体質改善してゆくしかないようです。

肥満ぎみの方で尿酸が高いといわれた方は体重も落とさないといけません。


痛風や高尿酸血症対策は、年齢を重ねるにつれ、体の機能の衰えが生じてきますので、健康食品など外部から摂取することも必要になってきますが、やはり、日頃からの生活習慣を改善していくことが絶対条件になってきます。

尿酸を簡単に下げる方法はなく、残念ながらプリン体を多く含むお酒を控えたり、激しい運動をすると尿酸を作るので激しい運動を控えストレスを下げ軽めな運動にしたり、肥満を改善したり、1日に出来れば2リットルほどの水分をとるようにしたりとじわじわと体質改善してゆくしかないようです。

コレステロールまた、痛風発作の誘因になってしまう日常の強度なストレスを避け適度な運動とともに、コレステロールを制限し、定期的に血中尿酸濃度の測定を心がけてください。


尿酸 痛風の原因となる尿酸も抗酸化作用があります。しかし、尿酸が抗酸化作用として体内でどのくらいの役割があるのかは、はっきりとわかっていません。

尿酸は急に下げてしまうとかえって痛風を起こすこともあるため、尿酸はゆっくり下げていくことが重要で、通常、病院での治療時でも食事の節制は続けながら、薬も少量から飲み始めます。

尿酸値の高い動物ほど寿命が長いといわれていますが、痛風になってしまうと動脈硬化が進んでしまうことになり、寿命は通常の人より10年くらい短いともいわれています。


また、痛風にかかってしまいますと『風が吹いても痛い!』といわれるほど激痛を伴ってしまいますので、早い予防も大事です!


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム


血液サラサラはこんな状態! 梗塞ドットコム/心筋梗塞/血栓症/血液サラサラ/血液サラサラはこんな状態! 血液ドロドロになると!
血液ドロドロになると! 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム/はこんな状態!
血液サラサラの場合は、ひとつひとつがきれいな真ん丸な状態になり、しかも丸いフチ部分もギザキザでなくきれいな丸になります。全体的に光が通りやすいため画像の色あいも薄い感じになります。
血液ドロドロの場合は、真ん丸だった状態がだんだん連結してしまいます。ひとつひとつがつぶされたようにペッチャンコになっていきドロドロ化していくことで血流を阻害していきます。全体的に光が通りにくくなるため画像の色あいも濃い感じになります。

納豆菌 ナットウキナーゼ
納豆菌(ナットウキナーゼ)の他に、サラサラ成分のDHA&EPAも配合のナットウキナーゼDX


観葉植物
いつも過ごす場所だから、観葉植物を飾ってゆったりとした生活しませんか?


 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム TOPページへ ページの最上部へ
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
-サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。