脳梗塞や心筋梗塞・動脈硬化・血栓症・メタボリックシンドローム・肥満・血液サラサラなどに関する情報サイト

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

ドロドロ血液が起こす目に見えない身体の悲鳴に気がついていますか?


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

あなたの「運動の習慣」についてチェックしてみましょう!!
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

体脂肪を減らすには運動が欠かせません!!

体脂肪を減らすには、食生活を改善することはもちろんですが、日頃から運動する習慣を身につけることが大切です。

食事の量を減らせば体重は減るものの、体脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまいます。

基礎代謝のうち最も多くのエネルギーが筋肉で消費されるわけですから、筋肉が減っては効率的に体脂肪を減らすことはできません。

    ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

あなたの「運動の習慣」についてチェックしてみましょう!!

まず、あなたの「運動の習慣」についてチェックしてみましょう!!

あてはまるなあ〜と思う項目、正しいと思う項目がいくつあるか、チェックしてみてください!!

★該当内容にチェックしてみてくださいネ!

★チェックボックスにチェックできるようになっております。
あなたの運動習慣度?
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 仕事はデスクワークが中心である。
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 何年も運動らしい運動をしたことがない。
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 運動は苦手なほうである。
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 運動を始めても三日坊主で終わってしまう。
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 階段を上ると息切れしてしまう。
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム ついついエスカレーターやエレベーターを使ってしまう。
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 買い物は徒歩より自転車や自動車で行くことが多い。
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 近所に行くときでも自転車や自動車を使ってしまう。
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 休日は家の中でゴロゴロしていることが多い。
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 家事はほとんどしない。

   =========================================================

チェックの数が8個以上だった方 

明日の健康が心配になるほどの運動習慣です。早急に改善しましょう!!


チェックの数が4〜7個だった方

現代人の平均です。何か1つ運動を始めてみませんか?


チェックの数が3個以下だった方

しっかりした運動習慣が身についています。その調子でがんばってくださいね。

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いかがでしたか?

チェック数が8個以上だった方、いくら運動が欠かせないからといって、やみくもに運動しても効果は期待できません。

無理をすれば、体をこわしてしまうこともあるのです。

ただでさえ好きではない運動をするのですから、どうせなら最も効果的な運動を始めたいですよね。

    ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

体脂肪を減らすには?


体脂肪を減らすには「有酸素運動」が効果的です!!


運動には、「無酸素運動」と「有酸素運動」の2種類があります。

「無酸素運動」は、短距離走や重量挙げなどのように、呼吸を止めて短時間で行う激しい運動です。

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 「無酸素運動」は筋肉内の糖質をエネルギー源として使うので、脂肪はほとんど消費されません。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「有酸素運動」はジョギングなどのように、呼吸しながら時間を かけてゆっくりと行う運動です。

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「有酸素運動」は体内の脂肪やブドウ糖をエネルギー源として使うので、体脂肪を減らすには効果的なのです。

「有酸素運動」にはジョギングのほかにサイクリング、ウォーキング、水泳、エアロビクス、ダンスなどがあります。

    ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

「有酸素運動」では、運動開始後20分ぐらいたたないと、脂肪は消費されません。ですから、まず1日30分〜1時間の運動を毎日、続けることから始めましょう!!




--------------------------------------------体脂肪を減らしてくれる理想的な食品って何?

おなかの脂肪が気になり始めるのは、中年期にさしかかった頃からですよね〜
ズボンやスカートがきつくなったなあ〜っと思ったら、肥満に近づいているのかもしれません。

そのおなかの脂肪の正体は、中性脂肪です。

中性脂肪がたまる原因は、日常の食生活にあります。

甘いものやアルコールなどをとりすぎたり、運動不足でエネルギーを消費しないと、余分な中性脂肪が皮下や内臓にどんどん蓄えられて
しまいます。

        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

肥満を避けるためには、高カロリーな食品に気をつけるのはもちろんですが、中性脂肪を排泄してくれる食品をとることが有効なのです。

その食品とは・・・「大豆」なのです。

★大豆には食物繊維がたくさん含まれています。

食物繊維には、中性脂肪を排泄し、皮下にためにくくする作用があります。また、食物繊維は便秘の解消にも役立ちます。便秘は
ダイエットの大敵です。

★大豆に含まれるタンパク質は強力なダイエットの味方です。

大豆のタンパク質には基礎代謝を高める働きがあります。
基礎代謝が高まれば、脂肪も燃えやすくなり、そのぶん皮下などにたまりにくくなります。

★大豆に含まれるイソフラボン。

イソフラボンは肝臓に働きかけて脂肪の代謝をコントロールしたり、更年期になると減ってくる女性ホルモンと似た作用があるので、この年代特有の新陳代謝の低下を抑えたりして、体脂肪の蓄積を防いでくれます。

        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

肥満防止効果を期待して大豆をとる場合、大豆をまるごと食べるのが理想的です。煮豆・枝豆・納豆などがあります。

納豆にはナットウキナーゼという酵素が含まれており、血栓を溶かす働きがあります。納豆は血液をサラサラにし、丈夫な血管を 保つために、有効な食品です。


血液サラサラはこんな状態! 梗塞ドットコム/心筋梗塞/血栓症/血液サラサラ/血液サラサラはこんな状態! 血液ドロドロになると!
血液ドロドロになると! 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム/はこんな状態!
血液サラサラの場合は、ひとつひとつがきれいな真ん丸な状態になり、しかも丸いフチ部分もギザキザでなくきれいな丸になります。全体的に光が通りやすいため画像の色あいも薄い感じになります。
血液ドロドロの場合は、真ん丸だった状態がだんだん連結してしまいます。ひとつひとつがつぶされたようにペッチャンコになっていきドロドロ化していくことで血流を阻害していきます。全体的に光が通りにくくなるため画像の色あいも濃い感じになります。

納豆菌 ナットウキナーゼ
見直される納豆菌(ナットウキナーゼ)を毎日の生活の中にいかがですか?


観葉植物
観葉植物などをお部屋に取り入れてリビングやオフィスが明るくなると心も何か明るくなるねっ!

 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム TOPページへ ページの最上部へ
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
-サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。