脳梗塞や心筋梗塞・動脈硬化・血栓症・メタボリックシンドローム・肥満・血液サラサラなどに関する情報サイト

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

ドロドロ血液が起こす目に見えない身体の悲鳴に気がついていますか?


脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

痛風もしくは高尿酸血症についてチェック
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

痛風とは尿酸の代謝異常により、尿酸が結晶化してしまい、体の 関節部にたまって炎症を起こしたり、腎臓に蓄積しさまざまな障害を起こす病気です。

高尿酸血症や痛風を放置しておくと、症状が進行してしまい、さまざまな合併症を引き起こします。

高血圧症による心筋梗塞や脳卒中などのように、生命にかかわる合併症もあります。

  そこで・・・

まず、ご自分で痛風もしくは高尿酸血症についてチェックしてみましょう!!

各項目についてあてはまるものの点数を合計してみてください!!

★該当内容にチェックしてみてくださいネ!

★チェックボックスにチェックできるようになっております。
痛風もしくは高尿酸血症についてチェックチェックしてみませんか?

脳梗塞や心筋梗塞ドットコムあなたの血清尿酸値(mg/dl)はいくつですか?

6.9以下  ・・・0点
9.0〜9.9・・・7点
7.0〜7.9・・・1点
10.0以上・・・10点
8.0〜8.9・・・4点

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム痛風発作を起こしたことがありますか?

ない    ・・・0点
1回ある  ・・・5点
2回以上ある・・・8点

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム尿路結石と診断されたことがありますか?

ない 
・・・0点
ある 
・・・2点

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム血縁関係に痛風患者の方がいますか?

いない・・・0点#E1FFE1
いる  ・・・3点

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム20歳の頃より体重が10kg以上増えていますか?

いない・・・0点
いる  ・・・2点

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム中性脂肪値が高い指摘されたことがありますか?

ない ・・・0点
ある 
・・・1点

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム高血圧ですか?

ない ・・・0点
ある 
・・・1点

脳梗塞や心筋梗塞ドットコムアルコールは好きですか?

まったく飲めない ・・・−2点
あまり好きでない ・・・ 0点
大好きである    ・・・  2点

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム大食いなほうですか?

いいえ ・・・0点
はい 
・・・2点

脳梗塞や心筋梗塞ドットコムサウナは好きですか?

いいえ ・・・0点
はい 
・・・1点

脳梗塞や心筋梗塞ドットコムマシントレーニングなどの激しい運動をしていますか?

いいえ ・・・0点
はい 
・・・1点

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム精神的なストレスがありますか?

ない ・・・0点
ある 
・・・1点

 

  点数の合計は何点でしたか?

脳梗塞チェックリスト 当てはまる項目、正しいと思う項目の数を合計してみてください。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム チェック数が16点以上・・・治療が必要です。必ず専門医に診てもらってください。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム チェック数が11〜15点・・・治療が必要な可能性があります。専門医に一度、診てもらうことをおすすめします。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム チェック数が6〜10点・・・日常生活で少し注意が必要です。

脳梗塞や心筋梗塞ドットコム チェック数が0〜5点・・・痛風の心配はありません。

日々を健康にすごしましょう。

是非、お試しください。

いかがでしたか?

健康診断などで「尿酸値が高い」といわれたり、痛風発作を起こした時は、1日も早く専門医を受診することが大切です。

 






脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
高尿酸血症と痛風の治療のポイントは?脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

高尿酸血症と痛風の治療には3つのポイントがあります。

☆血清尿酸値のコントロール

☆痛風発作の症状の改善

☆合併症の予防

痛風は、尿酸の代謝異常によって起こることが解明されてから、新しい薬が次々と開発されています。しかし、原因となる尿酸の代謝異常は、薬を飲めばすぐに治るものではないです。

尿酸値をコントロールするためには、生涯にわたり薬を飲み続ける必要があるのです。

     ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼


高尿酸血症と痛風の治療には多くの時間と根気が必要です。

高尿酸血症や痛風を放置しておくと、症状が進行し、重大な生活 習慣病を合併する危険性が高くなります。

健康診断などで「尿酸値が高い」といわれたり、痛風の発作が 起こったら、1日も早く専門医を受診することが大切です。

治療の方法は、病状などによって違いますが、基本的には薬物療法を中心に、食事療法を主体とした生活改善療法が主になります。

急性で激しい痛みのある痛風発作に対しては、症状を抑えるために対症療法が行われます。

対症療法は、痛みや腫れをとるための一時的な処置で、病気を治すための治療とは異なります。

痛風の原因となる尿酸の代謝異常は、薬を飲めばすぐに治るものではありません。

尿酸値をコントロールするためには、生涯にわたり薬を飲み続ける必要があります。

そして、これ以上、尿酸値を上昇させないように、自分の生活習慣を見直す必要があります。


YES / NO で下記も目安になさってくださいね!


     ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼


薬物療法については、患者さんの症状と尿酸値を上昇させる原因に応じ、最も適切と思われる「尿酸値を下げる薬(尿酸低下剤)」を選ぶことが重要なポイントです。 

尿酸低下剤には大きく分けて2種類があります。

   <1>尿酸合成阻害剤・・・体内で合成される尿酸の働きを抑制する

   <2>尿酸排泄促進剤・・・体内の尿酸を腎臓から尿中に排泄させる

      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  尿酸値が高い人には2つのタイプがあります。

   <1>尿酸産生過剰型・・・体内で尿酸が過剰につくられてしまうタイプ

   <2>尿酸排泄低下型・・・尿酸の排泄がうまくいかずに体内に蓄積してしまうタイプ

日本人の尿酸値が高い人の約60%が「尿酸排泄低下型」で、約10%が「尿酸産生過剰型」で、残りの約30%が2つのタイプの混合型とされています。

      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  つまり

★  「尿酸産生過剰型」の患者さんには「尿酸合成阻害剤」

★  「尿酸排泄低下型」の患者さんには「尿酸排泄促進剤」

使用するのです。

     ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

->タイプ別に薬を選ぶ最大の理由は、副作用を防ぐためなのですよ。

 





脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
痛風と高尿酸血症の療法って?脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム

痛風と高尿酸血症の治療のポイントは・・・「薬物療法」と「生活改善」の2つになります。

いきなり痛風発作を起こした場合は、まず、痛みや腫れを取り除く緊急の治療が必要になります。

しかし、この治療は痛風発作を、沈静化するための対症療法で、痛風と高尿酸血症を治す本当の治療ではないのです。

痛風発作がおさまってからが本当の治療のはじまりになります。

   ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

まず、患者さんの症状と尿酸値を上昇させる原因に応じて、最も適切と思われる「尿酸値を下げる薬(尿酸低下剤)」を服用することになります。

     ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ここで、重要なポイントが・・・!?


   尿酸値を急激に下げてしまうと痛風発作を起こしてしまう危険性が!

尿酸低下剤を使用すると体内の尿酸は減少していきます。

しかし、発作を起こした患部の関節部などには結晶化した尿酸が大量に蓄積しています。
体内と患部との間の尿酸値の大きな「差」により、再び白血球が尿酸結晶を攻撃し始めてしまい・・・。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  痛風発作が再発してしまいます。
   ===============

治療開始後、6ヶ月以内に予兆を含めて40%前後の人が痛風発作を体験してしまうようです。

1日も早く尿酸値を正常値まで下げようと、薬を多めに服用したり、強めの薬にしたりすることは危険で、尿酸排泄促進剤をいきなり大量に服用すると、尿中に排泄される尿酸の量が急増します。尿酸を排泄するために腎臓にとっては、激しい負担となります。

ゆくゆくは、腎臓の機能低下を引き起こしたり、尿路結石の原因になったりします。

尿酸値を低下させるペースに基準値があるわけではありませんが、半年くらいかけて正常値まで下げていくのがベストでしょう。

   ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

「薬物療法」は単独の場合、生涯続きます。


尿酸低下剤を1年ほど服用して、「もう大丈夫だろう!!」と、勝手に服用を中止してしまうのはとても危険です。

長い間痛風発作もなく、定期健診でも尿酸値が正常になると、つい油断してしまうものです。

服用を中止したとたん、尿酸値が再び急上昇し、痛風発作の再発が起こる可能性が高くなってしまうのです。

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

それでは、「薬を一生飲み続けなければいけないのか・・・」といって、がっかりすることはありません。

「薬物療法」と「生活改善」がうまく相乗効果を発揮すれば、薬を飲み続ける生活からは解放されるかもしれません。


尿酸値を下げるポイントとは?も是非、御読みくださいね。



血液サラサラはこんな状態! 梗塞ドットコム/心筋梗塞/血栓症/血液サラサラ/血液サラサラはこんな状態! 血液ドロドロになると!
血液ドロドロになると! 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム/はこんな状態!
血液サラサラの場合は、ひとつひとつがきれいな真ん丸な状態になり、しかも丸いフチ部分もギザキザでなくきれいな丸になります。全体的に光が通りやすいため画像の色あいも薄い感じになります。
血液ドロドロの場合は、真ん丸だった状態がだんだん連結してしまいます。ひとつひとつがつぶされたようにペッチャンコになっていきドロドロ化していくことで血流を阻害していきます。全体的に光が通りにくくなるため画像の色あいも濃い感じになります。

納豆菌 ナットウキナーゼ
天然成分100%でプリン体も取り除いた納豆菌 ナットウキナーゼ配合のナットウキナーゼDX


観葉植物
ちょっとした場所が観葉植物で潤うのって、明るい感じになってとってもイイですね♪

 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム 脳梗塞や心筋梗塞ドットコム TOPページへ ページの最上部へ
脳梗塞や心筋梗塞ドットコム
-サイト上の画像、文章などの無断でのご使用はご遠慮下さい。